少年野球 DVD

「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト

■「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト

詳細はこちら>>公式ページ

 

少年野球の試合でヒットを打ちたい、ホームランを打ちたい、バッティングが上達しないという悩みを持っているのであれば、解決することができます。

 

 

元西武ライオンズの強打者コンビが大塚光二氏と垣内哲也氏が、バッティングが上達しないという7つの理由を徹底指導しています。飛距離が短期間で伸びるバッティング法を公開しています。

 

バッティングが上達しないという7つの理由
【1】肩に力が入りすぎる
【2】ボールを引きつけて打てない
【3】ステップしたときに体が開いてしまう
【4】前に突っ込んでしまう
【5】バットが下から出てしまう
【6】ドアスイングになってしまう
【7】バットがなかなか出てこない

 

大塚さんと垣内さんは、スラッガーと呼ばれるために何よりも必要な能力が長打力だといいます。 しかし、これはどんなタイプの打者にも必要なものです。 1番タイプのアベレージヒッターでも、 バントが仕事の2番打者でも必要なのです。

 

 

その理由は、守る立場になって考えればわかりやすい。 長打力があるということは、 速い、力強い打球を飛ばせるということです。 そして、どんな人でも、 速い打球が飛んでくるかもしれない打者は怖いものです。 これはプロもアマも同じです。 この恐怖心を持っているプレイヤーは、 エラーをする確率が高くなりますし、前に出てくることもできません。

 

 

DVDの特徴は、スイング強化のためのポイントと練習方法を徹底的に、そして、分かりやすく解説しているところです。素振りのコツ、ティーバッティング、フリーバッティング、ぺッパー、バットコントロールのコツ、"あっと驚く秘密の練習法"などとても参考になります。

 

 

バットの握り方などの基本から始まり、高度は技術まで総合的に学べる内容です。

 

<スラッガー養成トレーニング 基礎理論編>

 

・打席での予備動作の大切さ

 

・バッティングにおける速筋と遅筋について

 

・どんなタイプのバッターでも長打力が必要な理由

 

・バッティングが上達する人、しない人

 

<スラッガー養成トレーニング スイング基礎編>

 

・グリップの基礎

 

・自然体で構える

 

・テイクバック

 

・インパクトの基礎

 

・フォロースルー

 

<スラッガー養成トレーニング コース 球種別対応編>

 

・内外角コース攻略の基礎

 

・高低コース攻略の基礎

 

・速球への対応

 

・変化球への対応

 

・難しいコースの慣れ方

 

<スラッガー養成トレーニング スイング強化編>

 

・素振りのコツ

 

・ティーバッティング

 

・フリーバッティング

 

・ぺッパー

 

・バットコントロールのコツ etc

 

 

詳細はこちら>>「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト