島田誠 走塁・盗塁テクニック

島田誠 走塁・盗塁テクニック

■島田誠 少年野球 走塁・盗塁テクニック

詳細はこちら>>公式サイト

 

走塁が巧い・足が速い選手は生まれつきなんて思ってませんか?

 

 

元ソフトバンクホークス王監督の下で走塁コーチを務めた島田誠さんは、「個人差はありますがしっかり基本を大切に練習すれば、走塁は巧くなりますし、速く走れるようになるのです。」といいます。

 

 

イチロー選手のように走、攻、守、の3拍子揃った選手に育てたいのであれば、小学生、中学生のうちからしっかりと走塁練習を積む必要があります。DVDを観て改めて実感しました。

 

 

「バッティングやピッチングも大切ですが、走塁はもっと大事なものです。」と島田誠さんはいいます。走れなければバッティングも守備も成り立ちませんし、走塁一つで試合の勝敗を左右してしまうこともあります。

 

 

プロ野球選手が走塁練習を徹底的に行うのは、そういった理由からきています。しかし、少年野球指導者の中に走塁の基本を教えられる人材が少ないのも現実です。

 

 

意外かもしれまぜんが、島田誠さんは子供の頃から脚が速かったわけではなかったといいます。それでも懸命に練習をしプロ野球で352盗塁を達成しました。その走塁に関するノウハウがこのDVDにつまっています。

 

 

ソフトバンクホークス守備走塁コーチ時代に井口資仁選手に盗塁王を2度、川崎宗則選手に盗塁を1度取らせた練習方法を少年野球向けに改良されたプログラムです。

 

 

詳細はこちら>>島田誠 少年野球 走塁・盗塁テクニック