少年野球

キャッチボール【基本をしっかり教える】

キャッチボールにチャレンジ♪相手に向かってボールを投げてみます。投げる目標は相手の胸です。人間の身体の構造上、自然な形で正しくボールを投げた場合、キャッチボールをする相手の胸へボールが行きます。

 

 

少年野球では、ボールを投げる始めの目標として、相手の胸へ正しいフォームでボールを投げるように指導します。

 

 

キャッチボールをはじめると、ボールを相手に投げることばかりに意識が向きがりですが、正しいフォームで投げることを心掛けて練習をさせます。特に、肘、腕の使い方、ステップなどを注意させます。

 

 

そして、まずは短い距離から始めます。少年野球で見かける悪い例は、無理して長い距離でキャッチボールをしている光景です。そうすれば当然、子供はボールを届かせようと、無茶な身体の使い方をします。悪いフォームが身に付くだけです。始めは5メートル位でも良いです。正しいフォームで投げるよう指導するのが上達のポイントです。

 

 

正しく投げられるようになったら、徐々に距離を伸ばしていきましょう。悪い投げ方の癖がついてしまえば、かえって上達の道を遠回りします。大人の体力では簡単でも子供にとってはボールを投げるということは結構難しいものです。

 

 

そして、もうひとつキャッチボールでの大切なポイントを話します。ステップ(フットワーク)です。ステップの指導のポイントは歩くように自然に足を踏み出すように教えます。左の図を見てください。右投げの場合のキャッチボールのステップを表しています。(左利きの選手は左右逆になります)

 

 

まず、構えの段階ではグラブを持っている側の足が少し前になります。(2の位置)そして、ボールを捕りながら踏み込み軸足でしっかりと立ちます。(右足が1から3へ移動)この際に軸足を相手に対して直角に向けるように指導します。この動作によって左肩が相手に向き、ステップする足がスムーズに上がり、投げる体制に入れます。そして、軸足の延長線上に上げた足をステップし踏み込みます。(4の位置)この位置も重要、正確にこの位置のステップできるようになるとコントロールも安定します。

 

 

少年野球では、このステップができずにキャッチボールの動作がギクシャクする子供を多く見かけます。そういう子供には、ボールを持たずにシャドウでステップとフォームの確認をさせてから、キャッチボールをするように指導します。フットワークを踏みながらの動きの中でボールを投げることを覚えさせます。

 

 

キャッチボールには野球の基本が沢山詰まっています。疎かにしないで大切にしてください。最後に、キャッチボールはだらだら長くやっても効果ありません。目標、修正箇所などを意識しながら、時間を決めてやりましょう。