少年野球

キャッチボール【投げ方を教える】

少年野球の指導の中でも重要度『高』の話です。ボールの投げ方の基本です。ボールを投げるという行為は、簡単そうで複雑動作です。肩や肘はもちろん、上半身、下半身と身体を上手に使わなければなりません。

 

 

野球でまず大切なのは正しい投げ方を身に付けることです。正しい投げ方を身に付けなければ、いつか肩や肘を故障します。それに『投げる』という基本の基本が身に付いていなければ、野球のレベルも上がっていきません。必ず正しい投げ方をマスターしてください。

 

 

ボールを正しく握れるようになったらボールを投げてことから始めます。投げるといっても、すぐにキャッチボールをするのでなく、腕を振ることや肘や手首を正しく使うことを覚えましょう。悪い癖が付く前に正しい投げ方を覚えましょう。

 

 

ここで悪い癖が付いてしまえば、故障しやすくなりますし、将来野球の技術が伸びて行けません。正しい投げ方をキャッチボールを通してしっかりとコーチングしてください。