少年野球

ピッチングの練習方法

正しいピッチングフォームを身に付ける練習方法には、シャドーピッチングが最適です。実際にボールを使ったピッチング練習をしてしまうと、"結果"へ意識が行ってしまってフォームが崩れてしまうからです。特に少年野球ではそうですね。子供はストライクかボールか?そういうことばかり気にしてしまいます。

 

 

シャドーピッチングであれば、イメージの中で投球練習をしますので、そういう心配が要りません。タオルを一枚用意し、お子さんとシャドーピッチングをしましょう。(怪我防止のためにもタオルを持たせましょう)

 

 

そして、練習の大切なポイントとして、お父さんなり、お母さんが横で見てあげることです。また、キャッチーとして構えてあげて、ボールなしで、タオルの片隅を持ってシャドーピッチング練習をします。小学生のうちは自分でピッチングフォームをチェックできません。お父さん、お母さんが鏡の代わりになってあげます。

 

 

練習の前に、肘の使い方、足の上げ方、重心移動、ステップする位置、上半身の使い方、下半身の使い方、軸足での立ち方などのうち、1つか2つチェックポイントを決め、それが正しく出来ているかどうか?を確認してあげます。

 

 

間違った投げ方のままシャドーをやってしまうと、間違った投げ方が身についてしまいます。正しいフォームで投げることを意識させて、正しい投げ方を繰り返し練習しましょう。

 

 

正しい投げ方を身に付けるには>>橋本清 エースになる方程式