少年野球

ピッチングの指導のポイント

少年野球のピッチングの指導で一番気をつけたいことは、間違った投げ方で投球をさせないということです。特に小学生には気をつけたいですね。多くの悲惨な例をみてきました。それは、大会で勝ちたいという思いから、正しい投げ方ができないに、体が大きく速いボールを投げるからという理由だけでピッチャーにしてしまうことです。

 

 

こういうピッチャーの殆どは怪我をします。「肘が痛い・・・」、「肩がいたい・・・」「XXが痛い・・・」と言い出します。野球肩や野球肘になり故障者リストへ、最悪野球を続けることができなくなってしまいます。また、悪い癖がついてために、野球の技術が伸びないことも多いのです。中学生や高校生になって正しい投げ方に修正しようとしても、もう遅い。小学生で身に付いた悪い癖は簡単にはなおりません。野球人生がこの時点で大きく変わってしまうのです。

 

 

小学生の少年野球において、良いピッチャーというのは、ただ速いボールを投げる選手ではなく、正しい投げ方で投げられる選手だと思います。正しいフォームでピッチングができ、且つ、ボールに勢いがあり、コントロールの良い選手でしょう。正しい投げ方ができれば、ピッチャーの生命線ともなるコントロールも付いてきます。

 

 

キャッチボールも正しくできない選手に投球練習なんてやらせたら駄目ですよ。子供は「俺がピッチャー!」とピッチングをやりたがりますが、お父さんを含めた少年野球の指導者として、まずは、正しい投げ方でキャッチボールが出来るようにすることです。それが、できるようになってからピッチング練習をしたほうが良いですね。

 

 

正しい投げ方を身に付けるには>>橋本清 エースになる方程式