少年野球

外野フライの練習方法

少年野球の選手の中には、外野フライを捕球するのが苦手な選手も多いと思います。試合中も外野フライが飛んで来て、「バンザーイ!」をしてしまう選手を見かけます。

 

 

外野手のエラーは試合でも目立ちます。内野の場合は、外野がバックアップに走りますが、外野手がボールを後ろに逸らしてしまうと、バックアップがいません。自分でフェンスまで走ることになります。

 

 

観客席で観戦しているお父さん、お母さんにとっても、見たくない光景です。外野フライは練習をすれば必ず捕れるようになります。とにかく慣れてることが第一。数多くの外野フライを追っかけてさせてください。

 

 

指導のポイントです。外野フライを捕るようになるためには、まずボールが落ちてくる落下点に早く入ることが大事です。外野フライの捕れない選手の多くは、落下点に入るのが遅いです。まずは、落下点に早く入れるように、素早くスタートを切る練習とボールを追うフットワークを鍛えましょう。

 

 

スタートとフットワークの練習方法を紹介します。「前進」「左右」「バック」とスタートを切る練習をします。選手を構えさせ、お父さんの声に合わせてスタートを切らせます。実際にボールは使わずに、外野フライが来たことをイメージして動きます。

 

 

右に動くのであれば、右足を軸に左足からスタートを切ります。逆に左側に動くのであれば、左足を軸に右足から踏み出します。そして前進は素早く低い姿勢で突っ込まるように練習します。

 

 

バックのフライ、大切なのは足を揃えないことです。「大きなフライが来た」と思ったら身体をターンし、半身になってボールを追います。どの動きもスタートを素早く切ったら、早くトップスピードにのせるようにフットワークを鍛えます。

 

 

スタートの練習をボールなしで何度も行なってください。構えの位置、落下点の位置を決めておき、指導者の掛け声と共にスタートし、ボールを追いかける動作を繰り返し練習しましょう。

 

 

スタートが素早く切れるようになったら、今度は実際にボールを手など投げてもらって簡単なフライから練習しましょう。定位置のフライ、左右、前進、バックと色々なフライを捕る練習をします。

 

 

次に捕球時に注意したいこと。ボールが落ちてきた時に一歩前に出て捕球できる位置に素早く入ることがフライを上手に捕るコツです。

 

 

また、フライの捕球時に両足を揃えてしまうと、ボールが風に流されたような場合に足がついていきませんので、両足を揃えないように指導します。

 

 

そこで、右投げでしたら左足を1歩前に出すか右足を1歩引いてボールを捕ります。これは次に送球動作にも移りやすく捕球後に後ろの右足を送球方向に直角に向けてステップできるからです。

 

 

<少年野球において、外野フライを捕球するためのチェックポイント>

 

・スタートを素早く切る

 

・落下点の1歩後ろに素早く入り前進しながら捕球する

 

・左肩の前で捕球する(右利きの場合)

 

・両足を揃えない

 

 

上記を改善することで大きく上達します。

 

 

外野フライが捕球できるようになるファーストステップとして、お父さんが手で投げたフライに対して素早く反応し、上記のチェックポイントをクリアできるように練習を繰り返してください。

 

 

できるようになってきたら、左右、前後、色々なフライを投げて、それをキャッチできるように指導しましょう。