少年野球

強い打球を打つ方法

少年野球の選手達、誰もがバッターボックスに入ったら、「強い打球を打ちたい!」と願っていると思います。強い打球を打つポイントを紹介します。

 

 

強い打球を打つには、当然、ボールを強く叩くことが必要になってきます。右バッターであれば、まず右脇をしめて、バットを最短距離でボールへぶつけていきます。バットのヘッドを立たせたまま、右耳と右肩の間から一直線にボールに向けて振り下ろしていき、右ひじが伸びる直前にインパクトを迎えます。

 

 

但し、ミートの瞬間はレベルスウィングになるようにしましょう。ボールを上から切らないように注意が必要です。そして、その右ひじでボールを押し込むようにしながら、手首を返します。そのまま、体重が踏み出した足にしっかり乗っていることも大切です。

 

 

少年野球の試合で、右バッターであれば右打ちでライト方向へ、左バッターであれば左打ちでレフト方向へ打ち、「うまい!」と褒めてもらう場面を時折見かけますが‥‥。

 

 

しかし、その場合は要注意。うまい流し打ちに見えますが、よく観ると、ピッチャーの球威に押されてか、振り遅れのために流し打ちのようになっていませんか?

 

 

少年野球で流し打ちなどのテクニックに走ると、大きく育つことができなくなる場合もあります。流し打ちのようになった打球に対して、「それで良し」という指導はしないように注意しましょう。また、素振りやティーバッティングでも、流し打ちのような練習方法はおススメできません。強い打球を打つことができなくなるからです。

 

 

少年野球の時期は、強い打球を打てるスウィングをつくることが大切です。打球の方向に拘らずに、「強い打球」を打つことを心掛けるように指導しましょう。振り遅れのヒットを褒めるのは良いですが、打球がなぜ流し打ちの方向飛んだかを説明し、正しい打点でボールを強く叩くようなバットのスウィングをアドバイスしましょう。

 

 

野球の醍醐味は。ピッチャーが思いっきり投げたボールをバッターが力いっぱい打つ場面です。その基本を知った上で、色々な技術を見につけていくことがこの時期大切です。