少年野球

バットスウィング

前回までに少年野球のバッティングの指導方法として、構え、バックスウィング、そしてステップについて話しました。今回はいよいよスウィングです。スウィングは、ステップと同時にボールのスピードとコースを見定めたら、自信を持ってバットを出すように指導します。

 

 

少年野球をはじめたばかりの子供は、「空振りが心配なのか?」ボールにバットを当てにいってしまいます。まずは、バットを振れるように練習をしましょう。それには、やはり素振りが一番。素振りで正しいスウィングができるように指導します。

 

 

スウィングは、体重をステップした足に移動していくところから始まります。そして、スウィングをする時は、バットが最短距離でボールに当たるように振りましょう。そのために、バットのヘッドが自分の身体に近いところから振り出されるようにすることです。

 

 

ドアスウィングと言われていますが、ヘッドを身体から離し、遠回りさせるようなスウィングはいけません。右バッターであれば、右脇をしめて左腕でバットを引き下ろせば、ボールに最短距離でバットをぶつけることができます。

 

 

バットを振り出す時は、軸足にかかっていた体重を、腰の回転とともに踏み出した足へ移動します。その際に、踏み出した足に全ての体重を掛けるのを避けます。膝の内側で受け止めようとする感覚が大切です。

 

 

膝の外側に体重がかかると、膝が開いてしまい鋭いスウィングができません。インパクト時には、体重が踏み出した足に80%、軸足に20%位の割合になるのが理想です。

 

コーチングのポイントは、バットが身体から離れ、ヘッドが遠回りしないようにスウィングさせるために、選手の向かい側やや後方に立って、振り出しの時にバットのヘッドを押さえてあげます。この練習を繰り返しているうちに、(右打者の場合)自然と右脇がしまり、インパクトまでバットのヘッドを後ろに残したまま振り下ろすことができるようになります。