少年野球

バッティングのステップ

(バッティングの指導方法「トップの位置」に引き続き)バッティングの指導のポイントを見ていきましょう。前回、構え、バックスイング、トップの位置について説明しました。今回は、バッティングのステップ時のチェックポイント、スイングについてのポイントを紹介します。

 

 

バッティングの構えから、バックスウィングに入り、そしてピッチャーの投げたボールを打つためにピッチャー側の足をステップします。ステップはホームプレートと平行に、ステップする足のくるぶしをピッチャー方向へまっすぐに踏み出し、親指の付け根で着地します。親指の付け根から着地するのは、肩や膝が開かないようにするためです。少年野球で見かける悪い例として、ステップがピッチャー方向ようりも、右打者は右に、左打者であれば左に開いてステップをしてしまう選手です。

 

 

もちろん、インコースのボールを打つために、逆にアウトコースのボールを打つためにステップの位置を変えることはあります。しかし、基本はピッチャーの方向にステップします。そして、足の親指の付け根で着地できない選手も多く見かけます。足の親指の付けてで着地できないと、身体が開いてしまって、鋭いスティングは出来ませんので注意が必要です。

 

 

どうしても開いてステップしてしまう選手への指導方法としてバットを構えて立った時に、立った後ろにバットおき素振りをさせます。ステップを矯正しながら素振りをさせるわけです。この練習方法で繰り返しステップイン、スウィングの練習をさせます。少年野球は基本が大切です。間違ったバッティングフォームに見に付けないように、悪い癖は早めに矯正します。

 

 

また、バッティングはステップインしてスウィングの体勢に入ったときには、ピッチャーの投げたボールのスピードとコースを見定めていなければなりませんので、身体を上下させないように注意しましょう。ステップの幅についてですが、狭すぎればスウィングに力が入りません。広すぎても身体が上下に動きがちになり、目線がブレたり、腰の回転がスムーズでなくなったりします。目安として両肩がスッポリと入るくらいが丁度良いでしょう。

 

 

バッティングのステップの矯正方法

 

下の図のように立った位置の後ろにバットなどを置いて、ピッチャーの方向へ真っすぐステップし、親指の付け根かた着地できるように練習をします。