少年野球

トップの位置

前回、バックスウィングの指導の話をしました。バックスイングとは、構えから最終地点であるトップの位置にバットを持っていく動作です。その際にトップの位置をきっちり決めておくことが大切です。好打者の条件です。ボールを打つという動作において重要です。他のスポーツ、例えば、ゴルフでもテニスでも同じです。鋭いスウィングをする為には、正しいトップの位置がつくることです。

 

 

正しいトップの位置のつくり方を紹介します。まずバットの構え方です。バットの構え方には個人差がありますが、基本的には雨に日に傘をさすのをイメージした、傘を持つ位置と説明すると少年野球の子供には分かりやすいです。

 

 

すると、右肩のやや上(右打者の場合)になると思います。ただ、構えには個人差があります。あくまでも自然体でリラックスでで、正しいスイングができることが大切です。そして、構えのグリップ位置から、グリップを構えた位置に残すような気持ちで、キャッチャーよりにバットを引くようにします。しっかり軸足に重心を乗せてるようにバットと引きます。そこがトップの位置です。

 

 

トップの位置でがいまいち掴めない選手へ指導する際の練習方法を紹介します。やり方は、まずバット構えます。構えたまま打つ方向に、軸足から始動し、足をクロスさせながら歩きます。1歩、2歩と歩きしかっり構えます。すると自然にトップの位置にバットを構えるようになります。出来るようになったら、これを繰り返し、3回目のトップの形の時にスイングをしてみてください。自然にスイングを始動する感覚をつかむことが出来ます。

 

 

トップの位置が分かったら、次にトップの形をつくった状態の選手の向かい側に立って、手で打点に上からボールを落とします。上から落ちてくるボールを打ちます。ボールが落ちるのを見てからスイングをするため、バットが遠回りしても、スイングスピードが遅くても間に合いません。

 

 

出来るようになるまで、ボールを落とす位置を高くして、徐々に低い位置から落とすようにします。このような練習をすることで、正しいトップの形が出来ているかを確認できます。

 

 

また同時に、自然に最短距離でバットを出すことが出来ているかも確認できます。充分に力を溜めることが出来ていなければ、スイングの始動時に無意識に反動を取るためにバットの出が遅れてしまいます。自分に合ったトップの位置をこの練習で掴んでください。