少年野球

バッティングと力み

バッティングでは、ボールを捉えるインパクトの瞬間、ボールを当てるポイントに力を凝縮させます。肩など体のどこかに、はじめから力みがあるとこれができません。少年野球では「ホームランを打つぞ!」「ヒットを打つぞ!」という思いが強い選手。気持ちは大切ですが、力まないようにリラックスすることも大切です。

 

 

そのためにはインパクト以前に余分な力を入れないことが大切です。少年野球の試合でも、バッターボックスで無理に強振し、監督やコーチから「力むな!」とアドバイスされる光景を良く見掛けます。野球に限らず、スポーツでは力むと良い結果は生まれません。リラックスすることも、練習中にキチンと指導します。

 

 

力むとは、余分な力が入っている状態です。構えている時に、トップに入った時に、インパクトのスイング時に、身体のどこにも力みがなければ、インパクトの瞬間に全ての力を込めることができます。

 

 

特に、グリップや腕、肩に力が入った状態で構えたり、バックスイングしたりすると、上半身だけのスイングになり、肝心の下半身がぐらついて、腰のリードと回転がなくなり、力を入れたわりにスイングスピードのない振りになったりします。スイング軌道が遠回りし、波打つようになってしまいます。ウェイトを軸足に乗せてトップに持っていき、リラックスしてボールを待つことをを、普段の練習から習慣づけましょう。

 

 

力みをなくし、リラックスする1つの方法として、バッティング前に大きな複式呼吸をしたり、肩を軽く上下させたりしてみると良いでしょう。複式呼吸と同時に悪いイメージは捨て、良いイメージを作り、リラックスしてバッターボックスに入るように指導します。