少年野球

バックスウィング

バッティングのバックスウィングの指導のポイントです。ピッチャーが投球モーションに入ったら、それに合わせてバッターもバットを後ろに引いて打つ体勢をとります。これがバックスウィングです。正しいバッティングの構えができるようになったら、バックスティングの指導に入ります。

 

 

バックスイングは、構えから最終地点であるトップの位置にバットを持っていく動作です。バックスウィングで大切ことは、トップの位置をきっちり決めておくことです。好打者の条件です。また、バットを引くタイミングは個々違います。目安としては、ピッチャーが足を上げてタメをつくる時とします。個人の打ち方や対戦相手であるピッチャーにより多少異なります。

 

 

ピッチャーの投球と間合いの合うタイミングを見つけるようにします。少年野球での悪いバックスウィングの例として、バックスウィングのタイミングであるのに、バックスウィングが行なわれていない選手を見かけます。ピッチャーが投球動作に入りリリースする時に、慌ててバットを引いてバックスウィングに入っても、振り遅れてしまいます。正しいタイミングでバックスウィングをしましょう。

 

 

もうひとつ、少年野球で見かける悪い例として、バックスウィングの際、バットを引きすぎてしまう選手がいます。腕が伸びきってしまうような格好でバットを引いてしまいます。これでは鋭いスウィングはできません。バットを構えた際にグリップを肩の付近におき、グリップを構えた位置に残すような気持ちでキャッチャーよりにバットを引くようにします。

 

 

そして、バックスウィング時には、腰をキャッチャーよりに回転させて、前足を後ろ足に引き寄せて、重心の移動を行ないます。ここで注意したい点は目線がぶれるような大きな動きになってしまうことです。絶対に体が上下に動かないようにします。

 

 

少年野球では、選手達は足腰がまだしっかりしていませんし、バランス感覚もまだ身に付いていません。ですから、バックスウィング時に体が大きくぶれてしまいがちです。素振りやティーバッティングで、正しいバックスウィングを意識しながら、しっかりとしたスウィングを身に付けさせましょう。指導方法として大きな鏡の前などで素振りさせ、自分のバックスウィングをチェックさせます。

 

 

また、ただ素振りをさせるだけでなく、素振りの際にお父さんがピッチャー役を担い、シャドウピッチィングのように投げ真似をしてあげます。それの投球フォームに合わせてバックスウィングをし、バットを振る練習させるもの効果的です。