少年野球

バッティングの構え

少年野球の子供達は皆バッティングが大好きです。バットを持つと目が生き生きとして振りはじめます。今回は、バッティングの構えの話。何事も構えは大切。自然体を意識した正しい構えが身につくように指導してあげましょう。バットを構える時は、何よりもリラックスして構えることが大切です。

 

 

肩に力が入っていては、正しいスウィングができません。バッティングは上半身でなく、下半身で打つと言われています。下半身で打つとは、腰を入れて、背骨を中心とした回転軸で打つことです。

 

 

バットのスウィングは腕だけで行なうものではありません。正しいスウィングは腕や上体の捻りを使って、コマのように体を回転させることで生みだ出されます。回転軸が曲がっていたり、フラフラしていたのでは鋭い回転ができず、バットにパワーを伝えることができません。

 

 

次に、バッターボックスに入って、バットを構える時は、背筋を伸ばして構えましょう。下にいくつかチェックポイントあげます。まずは、正しい構えの見につけましょう。そして構えを見につけるには、素振りが一番、大きな鏡などがあれば利用し、はじめはゆっくりで良いので、正しい構えを作り、バットを振ってみましょう。

 

 

チェックポイントを 1つか2つ、意識しながらバットを振ります。お父さんが横で見て、チェックポイントが出来ているか確認してあげます。少年野球は毎日練習するのが上達の秘訣です。時間のないときでも、部屋の中で新聞紙で作ったバットなどで構えの練習と素振りをしましょう。

 

 

バッティングの構えのチェックポイント
・両目でしかっりとピッチャーを見る。
・肩のラインは地面と平行にする
・腰のラインは地面と平行にする
・グリップの位置は肩のラインよりちょっと上
・脇をあけない
・膝は少し内側に絞り、柔らかくリラックスさせる

 

 

お父さんのためのコーチングポイント
バットを構えた時に「型」にはめすぎるのは止めましょう。あくまでも自然体で構えることが大切です。きちんとボールを打てれば、それが本人の一番打ちやすい型です。