少年野球

少年野球の指導とコツ

少年野球が上達するコツは‥‥。野球の話から少しそれますが、子供の頃に補助なしの自転車に乗れるようになった時のことを思い出してください。補助なしの自転車に乗ろうと挑戦をしたとき、乗り方の理屈や理論は考えません。何度も何度も転んでいく間に、ある瞬間が訪れます。「こうやってバランスを取るんだ!」と身体が感覚を掴む瞬間でが来ます。

 

 

この感覚こそがコツなのです。しかし、それは言葉に表すのには、少し難しいものがあります。野球においても同様です。例えば、少年野球のバッティングの指導の場面、よく用いられるのが、「腰をギュッとまわすんだ!」「スパッとバットを振れ!」などの擬音語を使った表現の指導を行ないます。

 

 

読売ジャンアンツの名誉監督の長嶋さんなどは「スパッー」とか「ビューン」とか、野球の指導の場面で選手に色々な擬音語のアドバイスするので有名でした。けれども、それを聞いた選手は、何のことやら、さっぱり分からないことが多かったようです。ここに指導の難しさがあります。

 

 

指導者にとり、コツというのは非常に説明しづらいものです。そして、選手にとってはなかなか掴みにくいものです。しかし、何度も練習をする過程で、その動きのコツが掴めてくると、その擬音語の意味も感覚的に理解できるようになります。

 

 

自転車に乗るようになった時のように、野球の1つの技術を習得した瞬間です。できる者にとっては簡単なことも、できない者にとっては難しいものです。少年野球でも、何度も繰り返し練習させ、できる瞬間がくるのを待ってあげましょう。基本をしっかり説明したら、繰り返し練習をさせることが、野球を上達させるコツです。お父さんコーチの指導のコツです。