少年野球

少年野球の上達の秘訣

「少年野球の上達の秘訣はなんなの?」と聞かれたら、「毎日の基本練習の積み重ね」と「練習の工夫」と応えますね。息子が活躍すると、決まって聞かれるのが「どうしてるの?」ということでした。

 

 

野球経験やスポーツ経験のある親御さんの場合は、野球が上達するには、"練習"が必要と思い浮かびます。経験のない親御さんの場合は、"練習"の必要性は分かっていても、具体的にどんなことをすればよいのか分からない場合が多いようです。

 

 

バッティングを例にとると、基本練習として、打撃フォームの確認、修正箇所のチェック、素振り、ティーバッティングなど上達のために必要な練習があります。これを繰り返し繰り返し練習することが上達の近道です。

 

 

ここで注意しなければならないのが、素振りであれば、"ただバットを振るだけ"にならないことですね。親が練習パートナーとなり、ヒットを打つために改善しないとならないことを子供に教えます。そして、そこを意識しながらバットを振らせることが大切です。見て違っていたら指摘してあげる。上手にできたら褒めてあげる。こういうパートナーの役割をすることが大切だと思います。

 

 

子供に野球を教えるというと引いてしまう方もいるが、しかし、野球の高等技術を教えるのではありません。野球の基本の基本で良いのです。バットスイングの修正箇所が分からなければ、チームの監督やコーチなどの指導者に聞いてみると良いですよ。

 

 

子供が野球をやっていると、土日にチームの練習に手伝いにいくこともあるでしょう。そんなときに「うちの子供のバッティングはどうですか?」「どこを直したらよいですか?」と聞いてみれば良いのです。また、少年野球の本やDVDなどにも情報は沢山あります。それを親が読んで解釈し子供に伝えます。できることから子供と二人三脚で取り組めば良いのです。

 

 

一番やってはいけないこと。それは、「素振りしてきなさい!!!」と命令するだけの行為です。勉強ができない子供へ「勉強しなさい!!!」といって、勉強ができるようになった話は聞きません。少年野球も同じ気がします。二人三脚で取り組んでいれば、経験がなくとも色々見えてきます。あとは工夫をする、そして、続けることですね。

 

野球素人お父さんでも大丈夫、親子で取り組めるバッティング練習法>>>萩原流 ジャストミートセオリー