少年野球

少年野球の指導

親子で少年野球を100倍楽しみために、野球がどんどん上達する指導と練習方法を紹介します。親子で少年野球に挑戦してきた経験の中から上達の秘訣を伝授します。

 

補欠の息子が外野手から内野手へのレギュラーを獲得し、そして、ピッチャーになりました。弱小チームのエースとなり中心打者として活躍するようになりました。そして、さらに練習を続けていき、強豪の多い地元チームの中で、優勝候補となりマークされるようにまでなりました。

 

少年野球に取り組む子供を持つお父さん、お母さん、あるいは、監督やコーチに野球が上手くなるための情報を集めてお伝えします。


野球の楽しみを子供へ教える大切さ

「打った!ホームラン!」 「ピッチャー投げた、球速は150キロ!」

 

「三振、決まった、ジャイロボールだ!」 「打った!ホームラン!」

 

「ピッチャー投げた、球速は150キロ!」 「三振、決まった、ジャイロボールだ!」

 

ゲーム世代の今の子供は、ボタン1つでホームランが打て、ボタン1つで150キロの魔球を投げることができます。そうです、これはゲームの世界の話です。確かにゲームでも野球は楽しい‥‥。試合も勝てば楽しいでしょう‥‥。

 

でも、何かが足りません。

 

そうです。ホームランを打った感触は手に残りません。試合に勝っても、一緒に喜ぶ仲間がいません。監督やコーチや親御さんなどの指導者から教わることもないし、練習の積み重ねから学ぶこともありません。本当の野球の楽しさはゲームとは別の次元です。

 

息子が小学3年生になった時のこと「少年野球を始めたい!」と言い出しました。地元の少年野球チームの1日野球教室に参加したのがきっかけのようです。そこで指導受けたのが面白かったらしく、私の息子は小学校の3年生の時に地元の軟式の少年野球チームに入団しました。同学年の子供に比べたら、1年くらい遅い入団でした。

 

入団後、暫くして練習を覗きにいった時のこと。外野を守り、コーチからノックを受けていました。外野フライが来ればバンザーイ!ゴロがくればトンネルでした。「こりゃー、駄目だ・・・」と思いました。そんな状態だったので、息子は少年野球チームの練習から帰って来るなり、「お父さん〜、野球教えて・・・。」と言ってきたのです。

 

私はその時、「土日にちょっとキャッチボールなどくらいではレギュラーはなれないな」と思いました。そこで息子へ「お前、本当に野球が上手くなりたいか?」と聞きました。上手く成りたいなら「お父さんと朝1時間早くを来て毎日練習しよう!」と言いました。息子は「うん!」と頷き、それから親子二人三脚で軟式少年野球への挑戦が始めリました。

 

野球も勉強も同じです。何事も一足飛びに上達する方法はありません。イチロー選手のように毎日コツコツと練習を積み重ねるしかありません。地道に、そして確実に駒を進めていく道を選びました。それから色々な出来事、経緯がありましたが、息子は小学6年生になりました。3年間程二人三脚で野球に挑戦して来ました。結果‥‥。

 

息子はチームのエースとなり、中心選手となり、小学生の少年野球の勝負の年を迎えます。背番号『1』を背負って勝負です。少年野球に挑戦して一番良かったのは、子供も親も野球を通してお金では変えない財産を手に入れることができたことです。「最後まえ諦めないで挑戦すること」「積極性」「精神的な強さ」などを子供が身に付け成長しました。

 

子供は、少年野球を通して「ルール」のある中でフェアプレイをする精神を知りました。また、それと同時に子供を指導することで親としても精神的に成長できました。そんな少年野球の素晴らしさを、指導方法や練習方法をサイトに来てくださった方に伝えたいです。

 

「子供が野球を始めたければ、野球のルールも良く分からない」というお父さんやお母さんへ、子供と一緒にできる練習方法や指導のコツを掴んで、少年野球を一緒に楽しみましょう!